引越しに伴いマンションを貸したいので仲介業者を利用して大家に

一時的に貸すことに決めた

更に、ローン返済が殆ど残っているので、ローン残高よりも高い金額で売却が出来なければ大損をしてしまうのではないだろうかなど、色々な事を考えると不安も大きくなったのです。
インターネットの情報サイトで調べ事をしていた時に、マンションを貸す方法がある事を知りました。
賃貸の物件は不動産投資をする人が行うものだと思っていたので、一時的に部屋を貸せば賃料も入りますし、賃料を使ってローン返済を行って行けば赴任先での生活も安心出来ると思ったのです。
マンションを貸したいと言う事を家族に伝えたのです。
但し、部屋を貸したいと言った時に、部屋の中が汚くなるのではないだろうかと言う不安もありましたが、部屋を貸す時には敷金を徴収しておく事で、部屋のメンテナンスなどを行う費用に使えるので良いのではないか、賃貸の場合は原状回復義務が借り主側にはあるので、部屋の中を汚された場合にはそれなりの費用請求が出来ると言う事も情報サイトで掴んでいたので部屋を貸す事に決めたのです。
部屋を貸すためには広告宣伝を行ってくれる不動産会社を見つけなければなりませんでしたが、マンションを購入する前には賃貸のアパートに住んでいて、その時お世話になった不動産会社の事を思い出し、相談に出掛けたのです。
マンションの間取り図を持参して不動産会社に行くと、部屋をお探しでしょうか、どのような物件をお探しになっていますでしょうか、と言った具合に話が始まりましたが、自分達の目的を話すと、部屋を貸したいと言う事が伝わりました。

ローンの返済中に遠方への赴任になってしまった一時的に貸すことに決めた気になる仲介手数料

マンション 貸す 仲介業者ナイス住まい情報サイト